番犬ハナとMIX犬サクのおさんぽ毎日

mikihana92.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 11月 08日

サクの尿漏れ日記① 始まりから診断まで。

今までもサクのお漏らしのことを書いてきました。
娘の里帰り出産と時期を合わせるように始まったお漏らし、
というより尿漏れです。

ソファで休んでいるときにポタポタと尿が漏れてきてしまいます。
サクも気が付くとオシッコの出る辺りをなめています。
(ひどい時には、歩きながら床にポタッと落ちるのを見たことがあります。)
こんな感じでリラックスしているときに、よく尿漏れがあります。137.png
c0006757_16255894.jpg
白玉ちゃんが生まれて、不安になったりヤキモチからかなと思い
犬の不安を取り除くジルケーンを服用していました。
少し落ち着いたようでしたが尿漏れは止まりませんでした。

先月、獣医さんから
ジルケーンを飲んでもはっきりした変化がないこと、
(他のワンちゃんにはもっとはっきりした改善が見えたそうです。)
白玉ちゃんが旅立った後も尿漏れがとまらないこと、
などから女性ホルモン・エストロゲンの分泌が少ないことからくる
症状ではないかという診断を頂きました。
サクは生後2か月で避妊手術を受けていますが
その関係でしょうか。

7月に獣医さんから紹介され
検査がしっかりできる動物病院で2回にわたって検査をしました。
腎臓系、ホルモンとも異常なし、健康体でした。
ただ今かかっている獣医さんによると
女性ホルモンの検査は大学病院など大きな施設でないと
検査項目に入っていないというお話でした。

精神的な症状かと思いましたがはっきりした診断を頂き
飼い主としては不安になるよりほっとしました。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村
  ←拍手ボタンです。


by mikihana922 | 2018-11-08 16:40 | サク | Comments(6)
Commented by mink330 at 2018-11-08 16:49
生き物を飼うということは、こうした心配が常にあるということですね。でもサクちゃんは優しく見守られて、幸せですね。

大変でしょうが、心を明るく持ってくださいね。
Commented by hanapishi at 2018-11-08 17:58
生後2ヶ月での手術って、少し早いようにも思いますね。(素人考えです。)
でもサクちゃんの身体が健康だったってことは、ひと安心ですね。
何かのきっかけで、ホルモンバランスがよくなってお漏らしが収まるといいですね。
Commented by 黒柴さすけ at 2018-11-09 10:24 x
こんにちは。サクちゃん大きな心配はなさそうで一安心ですね。女性ホルモン!加齢とともに減ってきますね。サクちゃんも一緒なのかな。オパンツ姿もかわいいけどな。
Commented by oss102 at 2018-11-09 11:02
女性ホルモン補充で治るのかしら?治るといいですね。
白玉ちゃんショックが大きすぎたのかな~・・イジラシイねぇ。
Commented by mikihana922 at 2018-11-09 17:04
>minkさん
こんにちは。
ペットと暮らすには順風満帆とはいきません。
いろいろなことが置きます。
一つ一つ一緒に乗り越えれば
また絆も深まるように感じます。
頑張ります!

>みいこさん
こんばんは。
サクのきょうだいを引き取って下さった動物病院で
保護団体さんへ移動する前に手術して下さいました。
健康体と伝えたら、ハナ父は無邪気に喜びましたが
私は正直、複雑な気持ちでした。
検査をして下さった獣医さんも、もし検査で異常が
なかったら尿漏れは一番直しにくいです、と
仰っていたので。
今、いろいろと試している最中ですが
良い結果が出るといいなと思います。^^
Commented by mikihana922 at 2018-11-09 17:09
>黒柴サスケさん
こんばんは。今日はよく降りましたね。
サクは健康体ということでとりあえずほっとしました。
ハナ父がどうしても駄目なときはオムツでいいよと
言ってくれたので、そのときはと思っています。
一時、室内ではオパンツ姿でしたが
はずしたり付けたり、けっこう面倒でした。(^^ゞ

>oss102さん
こんばんは。
避妊手術で卵巣も取っているのかもしれません。
今、納豆や黄な粉でエストロゲンを補充中です。
これがけっこう効くようで量も回数も減っています。
人間でも高齢になればふりかかってくる問題なので
私にも他人事ではありません。
ちなみに母は尿漏れとは縁が薄いようで
昔から納豆を食べているからかなと思いました。


<< サクの尿漏れ日記②      今日は津波防災の日 >>