<   2006年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2006年 08月 30日

 散歩中の出来事

番犬ハナと出かけるコースはすり鉢状になっています。
底に当たる部分に池があり、まわりがジョギングコースです。
すり鉢の上の円周になる部分は木々が茂った静かなコースです。

c0006757_10272736.jpg上のコースをハナと歩いていたら麦藁帽子を被った年配の男性から声を掛けられました。「この間会ったのは、奥さんだったよね?」 あれれ、いつのことやら・・・。赤いリードの柴犬、犬連れ、年中見かける、等の理由により、飼い主に見覚えがなくても私達の面は割れてしまいます。
「あっ!あの時の・・・。」数日前、下のコースでばったり出会ったことをやっと思い出しました。


「あれからョ、奥さんはどんげしたかなと思ってたっちゃが~。」
そう、そうでした。あの日ハナと散歩をしていたら、すぐ後ろで女性が「きゃ~!」と
叫びました。「へ、へびが・・・。」その女性が指差すほうを見たら、長いヘビが
自分の顔の数倍もあるカエルを飲み込もうとしていました。
カエルの方は金縛りにあったように身動きしません。
飼い主とハナは直前を歩きながら、道の反対側を通ったため気付かなかったのです。

そこへ、やってきたのが声を掛けてきたオジサンでした。
「こりゃ、見てはいかんものを見ちゃったなぁ。
人間も牛を食うでおんなじやっちゃ。自然のままがええ。」
そう言われて立ち去っていかれました。

そして、オジサンと今度は上のコースでまた出会ったのです。
「もう一人の女の人はあの後、サッサと歩いて帰ったと。
アンタはどんげしたじゃろうかと思うちょったとよ。」
そういえば、飼い主は怖いもの見たさでマジマジと最後まで
覗いていたことを、オジサンは見逃していませんでした。
そのまま帰宅したことを伝えるとオジサンは満足そうに頷いていました。
あれからずっと気にしていたのに違いありません。

オジサンは熊本の山の中でずっと働いていたそうです。
あのヘビはマヘビ(マムシ)ではないこと、
ヘビも小さいうちに鳥の餌食になってあそこまで大きくなるものは少ないこと、
ヘビは野ネズミを食べる為、ネズミの過剰な繁殖を防ぐこと、
カエルも小さいカエルや虫を食べること、
そして、それは人間が牛、豚の肉を食べることとかわらないこと、
などを話してくださいました。

「俺ドンも気が立ってる頃はョ、石や棒で殺しとったけど
歳いったから、いろんなことがわかってきたかいよ。」
そして、最後に
「へへ、アンタも何もせんやったね。アンタも歳いった組やね。
ほう~、そりゃ、よかった。」と飼い主とは反対側へ行ってしまいました。

静かな木立の中で含蓄のある話を聞いたような、そうでなかったような
キツネにつままれたような気持でまたハナと散歩の続きをしました。
c0006757_1192725.jpg

  ←拍手ボタンです。
         いつもありがとうございます。m(_)m
         よろしかったらポチッと押してください。

by mikihana922 | 2006-08-30 11:13 | あれこれ | Comments(20)
2006年 08月 28日

 番犬ハナとセミ

最近は風通しのよい玄関前にいることが多くなった番犬ハナです。
室内にいる時は飼い主やハナの妹分が虫の羽音に怯えるのを
見ているので、ハナ自身も苦手です。
その玄関先から大きな羽音が聞こえてきました。
そっと見に行くと大きなセミが逆さになって羽音を立てています。
ハナはおっかなびっくり、足でつついたり、匂いをかいでいます。
c0006757_21223065.jpg


セミも必死です。
ハナの平べったい赤いリードの裏側にしがみつきました。
羽音はすれども、姿が見えません。
ハナはどうしてよいかわからず、固まったままでした。
c0006757_21363716.jpg

←拍手ボタンです! クリックすると拍手が聞こえます。
        よろしければポチッと押して下さいませ。

by mikihana922 | 2006-08-28 21:27 | 柴犬 | Comments(19)
2006年 08月 26日

 8月最後の週末

といっても番犬ハナには全く関係がありません。
朝から庭の一番風通しのよい場所で庭番です。
うっかりすると、リードがはずれブロック塀のわずかな隙間から脱走しています。
c0006757_1514223.jpg

ハナの真上にセミの抜け殻を二つ見つけました。
一度羽化するところを見たいのですが
早起きが出来ずに今日に至っています。
c0006757_156344.jpg


  ←拍手ボタンです。
         いつもありがとうございます。m(_)m
         よろしかったらポチッと押してください。

by mikihana922 | 2006-08-26 15:06 | 柴犬 | Comments(18)
2006年 08月 23日

 夕方 田畑コースの散歩

いつもはジョギングコースの散歩が多いのですが
たまには川沿いを下って田畑を抜けて帰宅するコースもあります。

遅く植えた稲の緑が鮮やかです。
ここは去年の台風で水につかり
刈入れ前の稲が被害を受けてしまいました。
暫く作れないのではと言われていましたが
今年も見事に青々と生育しています!
c0006757_23193425.jpg


帰り道、毎日2度は車で通る道路に出ます。
このあたりは明治時代、西郷隆盛が官軍に破れ敗走していきました。
戦場、宿泊した跡等、西南の役にまつわる記念碑が市内各所にあります。
c0006757_23242658.jpg


今夜の番犬ハナです。
眠い時は眠い! 耳が折れても平気です!
c0006757_23253885.jpg


  ←拍手ボタンです。
         いつもありがとうございます。m(_)m
         よろしかったらポチッと押してください。

by mikihana922 | 2006-08-23 23:26 | あれこれ | Comments(15)
2006年 08月 21日

 番犬ハナの夏休み

飼い主も夏休みを楽しみましたが番犬ハナもお出かけしました。
車で自宅から30分、透き通るような北川の流れの中で頑張るハナです。^^

30秒少々の動画ですが、再生にお時間が掛かります。m(_)m
宜しければご覧下さい。


  北川にて ←クリックして下さい。

久々に雨が上がった今日のハナです。
元気です! 胴長は飼い主そっくりです!
c0006757_22554895.jpg


←拍手ボタンです! クリックすると拍手が聞こえます。
        よろしければポチッと押して下さいませ。

by mikihana922 | 2006-08-21 22:28 | おでかけ | Comments(26)
2006年 08月 18日

 台風一過

昨夜は雨と風で家が揺れているように思いました。
今朝からは雨が時折ぱらつく程度
お蔭様でこちらは大きな被害もなくすみました。
ご心配くださった皆様、ありがとうございました。

ゆっくりすすむ低気圧のせいか飼い主は偏頭痛が治まりません。
(あ、ホントは歳のせいかも~)
夏休み中の慌しさと重なってなかなか皆様のところへも
遊びに行くことができません。

台風も西日本へ向けて移動中だとか、どうぞお気をつけ下さいませ。
また残暑厳しき折柄、お身体ご自愛下さいませ。
c0006757_21301862.jpg

  ←拍手ボタンです。
         いつもありがとうございます。m(_)m
         よろしかったらポチッと押してください。

by mikihana922 | 2006-08-18 21:32 | あれこれ | Comments(23)
2006年 08月 14日

 夕方の散歩

うだるような暑さを避けて番犬ハナと夕方から散歩に出かけました。
それでも南国特有の湿気でムッとします。
ツクツクボウシが威勢よく鳴いています。
暑い暑いと言いながら
秋の気配がほんの少しずつ近付いているようにも思います。
c0006757_21193391.jpg


←拍手ボタンです! クリックすると拍手が聞こえます。
        よろしければポチッと押して下さいませ。

by mikihana922 | 2006-08-14 21:21 | 柴犬 | Comments(23)
2006年 08月 10日

 日本海デブー その3 赤レンガの町から天橋立へ

舞鶴の旅のUPもこれが最後になりました。
この日の朝、比無華さんに番犬ハナの妹分のコンクール会場へ
連れてきて頂きました。へえた君はお留守番です。
飼い主は比無華さんのご好意に甘えっぱなしです。

会場は舞鶴市総合文化会館です。
舞鶴市の海のすぐそばにあります。
c0006757_22362576.jpg

妹分たちも演奏を無事終了、安心して比無華さんに海沿いを案内して頂きました。
これで、いよいよ本当の日本海デビューです。
まずは、赤れんが博物館です。
c0006757_22401632.jpg

戦前は海軍の重要な基地でした。
その倉庫として使われたのが赤レンガの建物です。
今は工事中でしたが、いくつかの赤れんがの建物が立ち並んで風情があります。

舞鶴は現在では海上自衛隊、海上保安庁の基地になっています。
海沿いには日章旗も見えます。
写真は自衛隊の船です。町の中心地とは、また違った顔があります。
c0006757_2246458.jpg


さて、ここから比無華さんの車に乗せて頂いて約一時間、
天橋立を目指しました。
まず始めに寄ったのが、「天橋立駅」のすぐそばにある温泉の足湯です。
c0006757_2250179.jpg

暑い時にお湯につかる・・・、これが気持いいんですよ~。*^^*
もちろん、無料です。^^v

そして歩いて5分もすれば、「三人寄れば文殊の知恵」の知恩寺です。
c0006757_22533078.jpg

お参りしましたが、少しは賢くなったかしら・・・???
この門前は綺麗に舗装されたお土産屋さんや食べ物屋さんが立ち並んでいます。
古くからある温泉街なのに、俗化されていないように思います。

順番が前後したのですが、比無華さんと眺めた日本三景の一つ「天橋立」です。
c0006757_2323057.jpg

日本海独特の海の青さです! 
リフトに乗って上がった山から見下ろす景色にしばし見とれました。

初めて尋ねた土地で、親切におもてなし頂いて、素晴らしい景色を愛でる!
なんていう贅沢でしょう!
こんな旅や出会いができたのも犬の取り持つご縁です。
そしてまた私の拙いブログにお越し頂けるのも、やっぱり番犬ハナのおかげです。
今回お世話になった比無華さん、へえた君に改めて感謝すると共に
番犬ハナにも心から「ありがとう~!」と言いたいです。

  ←拍手ボタンです。
         いつもありがとうございます。m(_)m
         よろしかったらポチッと押してください。

by mikihana922 | 2006-08-10 23:16 | おでかけ | Comments(16)
2006年 08月 08日

 日本海デブー その2 舞鶴市内でへえた君に出会う

朝はいつもの時間に目が覚めました。 快晴です、近くを散歩してみることにしました。
c0006757_9524775.jpg

メインストリートから少し中に入った通りです。
きれいに舗装された石畳に昔ながらの作りの家が立ち並んでいます。
観光用に特別に保存しているかと思いきや、
丁度通勤時間にあたることもあって、車がフツーに走っていきます。
散歩中のワンコも通れば、道端を掃除している人もあります。
生活に密着しているんですね。

さて、約束のお時間です。
朝のお散歩もすんで比無華さんがへえた君を連れてきて下さいました。
吠えもせず、シッポを振って歓迎してくれました。へえた君、ありがとう~!

皆で近くの公園へ移動。ここは、細川家ゆかりの城、田辺城を復元したもので
中が公園になっています。
c0006757_1065393.jpg

公園での比無華さんとへえた君です。
なんとなく、お二人は似ているんだなぁ・・・。
c0006757_10144743.jpg


公園の向かい側は白壁に囲まれた小学校です。
この白壁と、正門は昔からあるそうです。
c0006757_1081792.jpg

古くからあるものをそのまま普段の生活に取り入れている町・・・。
舞鶴は落ち着いた、静かな城下町でした。


←拍手ボタンです! クリックすると拍手が聞こえます。
        よろしければポチッと押して下さいませ。

 ホントは甘えん坊?

by mikihana922 | 2006-08-08 10:20 | おでかけ | Comments(17)
2006年 08月 08日

 日本海デブー その1 舞鶴のおもてなし料理

先月7月に入るか入らないかという頃、迷っていた舞鶴行きを決めました。
番犬ハナの妹分の吹奏楽のコンクールです。
この夏で彼女の部活も最後、これが見納めになるかもしれないと思ったからです。

「携帯でへえた」の比無華さんのHP(只今休止中、ブログとBBSのみになっています)で
舞鶴市のHPをリンクされていることを思い出し、
ホテル、会場のことなど慌てて調べ始めました。
大まかな日程がわかったのが、やっと2週間ほど前でしょうか。
是非とも比無華さん、へえた君にお目にかかりたいと思い切って連絡を差し上げました。

8月3日、京都から「特急まいづる」に乗って夕方西舞鶴駅に到着。
19時にホテルで比無華さんと待ち合わせをしました。
ちょっとドキドキしながらご挨拶、背のスラッした京美人です。
時間が時間、なにはともあれ腹ごしらえということで、素敵なお店へ案内して頂きました。

c0006757_9242296.jpg

初めてお目にかかったのに話しは盛り上がり
気付いた時はお料理も後半、大急ぎで写真に収めました。
これは出されたお食事のほんの一部です。大半はすでにお腹の中へ~。(^^ゝ

さすが、京都だけあって生麩がふんだんに使われています。
お料理がひきたって綺麗!
そして飼い主が初めて味わった一品があるのです。
写真の手前左側、緑色の小皿の右にのっているもの・・・・。

食感は、干し大根を斜め切りにした煮物を食べている感じです。
甘く煮てあるのですが、辛味もしっかりします。
どこかで味わったことがある辛味、何だろう?
思い切って比無華さんに尋ねてみました。

なんと、新生姜をスライスして何度もゆがいて煮付けたもので
京都やこの辺りで見られる一般的なお惣菜なのだそうです。
お惣菜とはいえ、調理する前に何度もゆがくあたりはさすが、京都の「おばんざい」です。
飼い主は今は南九州ですが、元は東海地方の出身です。
汁物は真っ黒、特に「おでん」はすごい! 焼いても煮てもシンプルなのです。

お料理一つとっても、話がはずんでしまって閉店の時間になってしまいました。
美味しい珈琲を飲みにハシゴをしながら、翌日のお約束をしてしばしお別れです。
比無華さん、ご馳走様でした~。

  ←拍手ボタンです。
         いつもありがとうございます。m(_)m
         よろしかったらポチッと押してください。

by mikihana922 | 2006-08-08 09:49 | おでかけ | Comments(3)