<   2006年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2006年 04月 30日

 アケボノツツジ観賞登山

先日、テニスの先輩からこんなメールを頂きました。
私の名前の下に(ワンちゃん)と書き添えてあります。
つい嬉しくなってハナと参加希望と返信しました。

参加予定者各位
    
  (木○さん、志○さん、○○さん、大○さん、甲○さん、小○  以上6名)
               (ワンちゃん)
 
       アケボノ観賞登山の件

   今年は寒かったり、暖かくなったりで開花予想が難しいのですが

   出発時刻    6:30am
   集合場所    野口記念館裏駐車場


そして昨日、登山当日を迎えました。 場所は夏木山です。青字をクリックすると地図が出ます。大分、宮崎県境にあるアケボノツツジが見られる標高1386mの山のです。
c0006757_21314815.jpg
これがアケボノツツジです。山地でしか見ることができません。葉がなく枯れ木にポッとピンクの花を付けるように咲きます。

c0006757_21391423.jpg朝、9時半いよいよ出発です! 狭い林道にこの花を見ようと大勢の登山客が来ているようで、 やっと駐車スペースを見つけました。ほとんどが県外ナンバーです。
開花時期が連休と重なるので毎年楽しみにしている愛好家が多いようです。九州では大分と宮崎県境の山々でしか見ることができません。
登山口から一気に上り坂です。ハナも頑張って登ります。




c0006757_21473035.jpg
足元ばかりに気を取られて、ふと上を見上げたらシャクナゲが沢山咲いていました。
蕾の濃いピンク、花の淡いピンクの濃淡が美しい花です。


c0006757_21525154.jpg

上り道です。木の根が出ている所をつまずかないように先へ進みます。もっと狭くて急な場所にはロープが備えられています。ハナは器用に上がっていきます。
大きな石があるところだけは飼い主が抱き上げました。





c0006757_21584085.jpg
シャクナゲも見られなくなりました。朝早くから登った登山客が下りてきます。「こんにちは!」お互い挨拶をかわしがてら「上の様子はどんなですか?」と聞いてみます。 「大丈夫です、咲いてました。これからの時間ならもっと開くでしょう。」 こんな具合に情報収集です。



c0006757_22111029.jpg途中で休憩を入れながら2時間半弱で頂上へ到着です。お腹も丁度すいてきました。 適当な場所を見つけて昼食の準備です。 先輩達の大きなリュックからフライパンや携帯ガスコンロが!
通は楽しみ方が違います。 こんな山の上でBBQもどきの食事です。 あ~、先輩にくっついて来てよかったぁ! 飼い主もハナもお腹いっぱい食べました。


遠方から来ている方々は早々と下山です。 近場の私達はゆっくりと四方山話にアケボノツツジの鑑賞です。 たまには下界から隔絶されたところで過ごす時間も大事です。

さて、下山です。一気に山を上がったということは、また一気に下るということです。
上りは息も切れずに先輩からお褒めの言葉を頂戴した飼い主でしたが、帰りの道は少々くたびれました。 山は上より下りの方が難しい!!!


c0006757_22274364.jpg

下山は飄々としたハナです。 動物の匂いでもするのでしょうか、所々で夢中になって穴掘りを始めます。 大判小判でも出てくるかと皆期待しましたが、結局な~んにも出てきませんでした。

  ←拍手ボタンです。
         いつもありがとうございます。m(_)m
         よろしかったらポチッと押してください。

                                   番犬ハナ





   

by mikihana922 | 2006-04-30 22:39 | 犬連れ登山 | Comments(17)
2006年 04月 27日

 お留守番

c0006757_23125629.jpg




     ↑ 拍手ボタンです! クリックすると拍手が聞こえます。
        よろしければポチッと押して下さいませ。

by mikihana922 | 2006-04-27 23:14 | 柴犬 | Comments(16)
2006年 04月 25日

 好き・・・・

今日は風邪が少し強いけれどお散歩日和、いつもより早めにハナと出かけました。
保育園も遠足です。
小川で遊んでいると保育士さんに連れられた小さな男の子が近付いてきました。
犬が大好き、小さなもみじのような手でハナを触ります。
c0006757_23541497.jpg


          ハナも男の子の気持ちを優しく受け取ることができました。
                  君のことが大好きだよ・・・・。
c0006757_23565113.jpg


  ←拍手ボタンです。
         いつもありがとうございます。m(_)m
         よろしかったらポチッと押してください。

                                   番犬ハナ

by mikihana922 | 2006-04-25 23:55 | あれこれ | Comments(20)
2006年 04月 23日

 故郷 見立渓谷

先週の金曜日、ご近所のお姉さま方とまた日之影町へ出かけました。
もちろん「よっちみろ屋」に寄ったことはいうもでもなく、
そこから車で30分近く日之影川を北上し目的地のどかな集落の風景を楽しみました。

ここで予定を変更、さらに30分北上し「見立渓谷」へ向かうことになりました。
青文字をクリックして頂くと地図の上のあたりに「英国館」とありますが、その付近です。
川沿いの道は狭く、集落もまばらにしかありません。
それでも昭和40年代に炭鉱が閉山になるまでは大型バスも通っていたといいます。
c0006757_2245117.jpg

↑ハナがいる場所は石炭を運ぶためのトロッコ道でしたが今は遊歩道になっています。
今ならアケボノツツジ、夏は涼を求めて、秋は紅葉とそれぞれの季節を楽しむことができます。


c0006757_2249472.jpgこれは炭鉱会社のクラブハウス「英国館」です。この見立鉱山を戦前まで経営していたH・ハンター氏や英国人技師の宿舎となっていました。この建物と川を挟んだ向こう側は杉林ですが、以前は炭鉱住宅がたくさん並んでいたそうです。今はただただ静かなだけ、面影もありません。



私達が突然足を伸ばした訳・・・・。 同行した先輩の故郷だったからです。
「時間があるなら寄っちみる?」控えめな言葉に誘われてやってきました。
栄えた頃は学校、病院、映画館、床屋、本屋と何でも揃っていたこと、
映画がくれば懐中電灯片手に夜道を歩いて行ったとか、その帰り道のこわかったこと、
山の上にあった友達の家を往来したこと、川に入って遊んだこと、
そうそう夏には遠くからアイスキャンディ屋さんが山道を自転車で売りに来たこと、
山の上には昔女郎屋さんがあって山に登れば
まだ食器の破片が落ちていたりお墓があること、
懐かしく話してくれました。

沢山の人で賑わっていたという町は跡形もありませんでした。
私達が先輩の話を聞いている間もゴーゴーという川の流れが響いてきます。
生まれ育った場所で先輩から聞いたことは
まるで秘密の打ち明け話をされたようでした。
c0006757_23261412.jpg
トロッコ道から写したエメラルド色の川です。
川底まで透き通って見えます。

  ←拍手ボタンです。
         いつもありがとうございます。m(_)m
         よろしかったらポチッと押してください。

                                   番犬ハナ

by mikihana922 | 2006-04-23 23:37 | あれこれ | Comments(20)
2006年 04月 21日

 めまぐるしい天気がつづきます・・・・。

c0006757_8301553.jpg


 ←拍手ボタンです。
         いつもありがとうございます♪
         よろしかったらまたポチッと押してください。
                                番犬ハナ

by mikihana922 | 2006-04-21 08:30 | | Comments(11)
2006年 04月 19日

 山の春

先週の今日、つまり水曜日ご近所のお姉さまから
新聞で見た山間のチューリップ畑を見に行こうと誘われました。
日頃の慌しさにかまけ一週間遅れのUPです。(^^ゝ
場所は前回の記事に出た「よっちみろ屋」からさらに車で40分は上ります。
c0006757_9101171.jpg

お姉さま方二人と一匹をのせて、小さなマーチを走らせます。
離合できない山道をミラーをしっかり見つめながらの運転です。
数件の集落の前に、ささやかですが綺麗なチューリップ畑が広がっていました。


c0006757_9274475.jpgまずは昼食、そして辺りを散策です。といってもあるのは畑と集落と山だけです。お姉さま方は好物のワラビを求めて山菜採りです。目をこらすとワラビ発見!慣れてくると次々見つけることができます。
この写真中央に写っているのはただの雑草ではありません。「ノビル」です。根っこごと抜いて茹でて酢味噌で食べると美味しいそうです。


c0006757_9344485.jpg畑のチューリップを眺めていると、上の方から地元のおばあさんが下りてきました。先日の日曜は「お接待」があり、ここを訪れた人達におにぎりを振舞われました。二百個作ったおにぎりがあっというまになくなってしまったそうです。
新聞に載っただけで静かな山間の集落に沢山の人がやってきてさぞ驚かれたことでしょう。この日も4時間近くかけてきたという方々に2組ほど会いました。

c0006757_9443825.jpg

大きな写真ですが、集落の空き地を歩くハナです。
春の日差しの下、桜もまだ咲いています。ウグイスも鳴いています。
ハナの足取りも楽しそうです。
途中、年配の男性二人が乗った軽トラとすれ違いました。
おじさん達が私に「よぉっ!」と言いながら手を振っていきました。
お姉さま方から「知っちょっと?」と聞かれましたが身に覚えがありません。
転勤族の私が、ナンデ? でもハナ共々辺りの景色に馴染んでいたのでしょうね~。(笑)

c0006757_9533059.jpg

畑で出会ったおばあさんからお土産を頂いて帰りました。
近くに生えていた「のびる」を沢山摘んで下さったのです。
先日おばあさんの家に宮崎からお孫さんが帰ってきたので
「のびる」を入れたお味噌汁をあげたら大変喜んだそうです。
ふるさとの味なのでしょうね。
私も帰宅してから茹でてみました。
我が家では酢味噌ではなく和風ドレッシングで頂きました。
  ←拍手ボタンです。
         いつもありがとうございます。m(_)m
         よろしかったらポチッと押してください。

                                   番犬ハナ

by mikihana922 | 2006-04-19 10:01 | | Comments(15)
2006年 04月 17日

 春の煮物

c0006757_8415811.jpg先週の半ば、天気がいいなぁと思っていたらご近所のお姉さま方から遠出に誘われました。
予定を慌ててキャンセル、三人と一匹で私の家からさらに北部にある日之影町へ出かけました



c0006757_8355496.jpg途中で地域の農産物を販売するお店「よっちみろ屋」に寄りました。「よっちみろ」とは「寄ってみてね」という意味です。(地元出身ではないので不確かですが・・・。)
ここは人気があって、地元農家の方の手作り弁当やお饅頭などは午前中で売り切れてしまいます。目的地へ向かう前にまず買い出しです。(笑)


c0006757_9163225.jpgこれは店内の山菜を集めた売り場です。
ワラビ、ゼンマイ、フキ、ツワブキ、イタドリなどが所狭しと並んでいます。採ってきたそのままを袋詰めにしたもの、茹でて後は調理するだけにしたものと選択はいろいろです。お店の方が「イタドリ」の煮物を試食に進めて下さいました。
結局、新鮮な野菜と茹で筍、こんにゃく、茹でたイタドリを買いました。こちらではイタドリをサドと言います。
ふーさんのブログでは山に自生しているイタドリを見ることができます。


c0006757_9304778.jpgという訳で週末は春の山菜を使った煮物です。
お皿の左端にあるのが調理後の「イタドリ」ですが
少々煮過ぎて柔らかくなってしまいました。さらにその横はこんにゃく、筍、新鮮なブロッコリー、厚揚げです。
もっと料理の腕に自信があったら大きくUPするのに残念です。(^^ゝ



        最後にオマケの番犬ハナです。買い物中、車の中でお留守番でした。
c0006757_942599.jpg


by mikihana922 | 2006-04-17 09:44 | | Comments(22)
2006年 04月 15日

 なんか見えるゾ~!

c0006757_10521923.jpg

 ←拍手ボタンです。
         いつもありがとうございます♪
         よろしかったらまたポチッと押してください。
                                番犬ハナ

by mikihana922 | 2006-04-15 10:52 | 柴犬 | Comments(18)
2006年 04月 13日

 春真っ盛り!

あたりは春爛漫です。
実は、番犬ハナも春真っ盛りです。

朝、毛布を片付けようとすると↓のような毛玉を見つけるようになりました。
今日は三個も見つけてしまいました。
c0006757_1235043.jpg


これは昨晩のハナと妹分の様子です。
c0006757_1265162.jpg
ハナは妹分の顔を5センチほどの至近距離からじ~っと見つめて
妹分が眠ったかどうかを確認しています。
妹分も眠ってはならじと、必死で目をこじ開けています。
とにかくハナは妹分にマウンティングをしたくて、したくて・・・・・。
でも、起きている時にするとひどく怒られるので眠りに着くのを待っています。
ここは膠着状態ですね。

しかしいくら妹分が眠りについたとはいえ、そんなにうまくいくものではありません。
ハナはやるせないやら、イライラするやらで
どうも夜中に毛布を掘ったり齧ったりしているようなのです。
その残骸が毛玉です。

我が家の毛布には所々にアナがあき始めました。
恥ずかしいです。
これだから我が家には高級羽毛布団は入りません。
やす~いバーゲン品で十分です。よかった、ハナのおかげです。
あれ? こんなこと言いたかったのかな?
c0006757_834189.jpg

              朝には頭をくっつけて寝ている二人・・・・。 
c0006757_8243846.jpg
         
 ←拍手ボタンです。
         いつもありがとうございます♪
         よろしかったらまたポチッと押してください。
                                番犬ハナ

by mikihana922 | 2006-04-13 01:46 | | Comments(18)
2006年 04月 11日

 散歩中私が写したもの

その昔、使ったことのある本です。
なぜか番犬ハナの妹分が寝る前に読んでいました。
数十年ぶりに少し読んでみました。

c0006757_2284769.jpgさて、ヤコブとともに、おのおのその家族を伴って、エジプトへ行ったイスラエルの子らの名は次の通りである。すなわち、ルペン、シメオン、レビ、ユダ、イッサカル、ゼブルン、ベニヤミン、ダン、ナフタリ、ガド、アセルであった。(出エジプト記 第1章)

我が家の場合は・・・・。

さて、飼い主とともに、おのおのその家族を伴って(ハナだけですが)、散歩へ行った畑の子らの名は次の通りである。すなわち、シジミチョウ、ハナ、エンドウ、フタツボシテントウ、タンポポ、ネギ、オドリコソウ、ワタゲ、ハタケミチ、チシャであった。(出サンポ記 第1章)

天気の良い週末にデジカメに収めた写真です。少し長めです。宜しければご覧下さい。

  ←拍手ボタンです。
         いつもありがとうございます。m(_)m
         よろしかったらポチッと押してください。

                                   番犬ハナ

by mikihana922 | 2006-04-11 22:32 | | Comments(19)