2017年 02月 12日 ( 1 )


2017年 02月 12日

国立科学博物館「ラスコー展」

先週の日曜日、上野の国立科学博物館の「ラスコー展」へ行ってきました。
中学校のときだったでしょうか、教科書に
スペインのアルタミラの洞窟やフランスのラスコーの洞窟の写真が載っていました。
今回、世界遺産に登録されているラスコー洞窟に描かれている精密な壁画が
日本へやってきました。

私達と同じホモサピエンスであるクロマニョン人が約2万年前に描いた動物たち。
それらは頭は小さく、足は短く、胴が強調されたりといくつかのルールがありますが
遠近法を用いたものもあり、芸術の始まりとも言われています。
c0006757_23381617.jpg
c0006757_23382910.jpg
c0006757_23384559.jpg
この「井戸の場面」は謎の多い壁画です。
他のものは写実的に描かれていますが、
これには、左にケサイ(サイに似た大型動物)、真ん中に頭が鳥の形をした鳥人間、右にバイソン。
何らかの儀式を描いたものなのか、それとも・・・。


発掘された骨格を元に復元されたクロマニョン人。↓
現在のヨーロッパ人とあまり変わりませんよね。
精巧な針も発明されて髪飾りや衣服もファッショナブルです。
この針によってクロマニョン人たちの生活もすばらしく向上したことでしょう!
さて、当時の日本はというと、縄文時代の前の石器時代です~。(^^ゞ
c0006757_23392679.jpg
見終わったらお腹ペコペコでした。
上野駅構内の「三代目たいめい軒」で季節限定かきフライ定食を頂きました。
美味しかったです♪
c0006757_23575487.jpg

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

  ←拍手ボタンです。




by mikihana922 | 2017-02-12 23:52 | あれこれ | Comments(3)