2006年 06月 09日

 六億年の雫を求めて その1 五ヶ瀬町鞍岡

飼い主は日頃、ご近所のお姉さま1号、2号と犬の取り持つご縁で親しくさせて頂いています。4月の下旬にお姉さま1号の故郷「見立」へ出かけました。
そして先週の水曜日、今度はお姉さま2号の故郷「五ヶ瀬町鞍岡」(ごかせちょうくらおか)へ出かけてきました。延岡市から車で1時間40分ほどのところ、地図の赤い丸印の辺りです。この辺りは「九州のヘソ」と呼ばれる熊本・宮崎両県の境目に近い場所です。
c0006757_2247512.gif


今回の目的は二つ、鞍岡の自然を見て美味しいものを頂くこと、そして「六億年の雫」と呼ばれる湧き水を手に入れることです。
遠出をするには最高の天気となりました。途中休憩を入れながら鞍岡に着いたのは丁度お昼時でした。ここは九州最南端のスキー場「五ヶ瀬ハイランドスキー場」の入り口でもあり、霧立越の登山口でもあります。
c0006757_2301969.jpg

お姉さま2号のご親戚が「美山」という民宿をしていらっしゃいます。
看板は見えますが、残念ながら建物は道路からは見えません。
新しくはありませんが掃除もきれいに行き届いてこざっぱりした民宿です。
c0006757_234893.jpg


番犬ハナと近くを散策後、お昼をご馳走になりました。
お料理は他にもありテーブルの上に全てが乗り切れませんでした。
c0006757_234306.jpg

まずメインは「やまめ」です。この辺りは水がきれいなので「やまめ」が取れます。
民宿でも「やまめ」を養殖しています。新鮮な魚を塩焼き、甘露煮、味噌煮と三種類も頂きました。さらに「ウド」「蕗」「蕨」などの山菜を使ったお浸しや和え物、「雪ノ下」の葉の天ぷら、叔母様手作りの梅干や切り干し大根、デザートは庭で取れたブルーベリーのゼリー、身の回りにあるものをふんだんに使った心尽くしのご馳走を頂きました。

飼い主は日頃からお姉さま2号の小さい頃のお話を伺っています。
鞍岡は五ヶ瀬町の中でも奥にあります。冬は雪が積もり学校へ通えないため季節寄宿舎から通学したこと、オヤツ代わりに木の実を取って食べたこと、道路が舗装されず不便だったことetc。
そんなことを思い出しながら頂いたお昼でした。

さて食事も一段落した頃、民宿の経営者でもある叔母様から新しいトンネルができて「椎葉」へ車で抜けることができると聞きました。上の地図に赤い下線を引いてあります。山奥深い「平家の落人部落」です。この時お姉さま1号の目がキラリと光りました。
c0006757_0026100.jpg

                              次回へ続く・・・
  ←拍手ボタンです。
         いつもありがとうございます。m(_)m
         よろしかったらポチッと押してください。

by mikihana922 | 2006-06-09 00:05 | あれこれ | Comments(5)
Commented by tukunemaru at 2006-06-09 16:15
すごい豪勢なランチだったんですねえ〜、テーブルに乗り切れてないなんて
一体、どんだけ料理があったんでしょうねえ〜?
”やまめ”ですか。川魚ですね、川魚って新しくないと美味しくないですよね。
とっても自然が豊かで、水が綺麗なところから捕れた”やまめ”なら美味しいだろな〜
蕗や自家製の梅干し・・・、そういう食事って最高ですよね。
自然に感謝したくなっちゃいました。
ハイランドスキー場って、雪積もるのお〜?
Commented by sai-n.1020 at 2006-06-09 21:20
わぁ~!
mikihanaさんの「お出かけシリーズ」ですね!
いつもご丁寧な位置のご説明、ありがとう。
こういうのを見ると、つくづく日本も広いなぁと思ってしまいます。
今回もいいお天気に恵まれ、美味しいものを食され、、、、
ご満悦だったんですね~。
それにしても、このお料理。。。お一人分?
豪華すぎるぅ~~~。

ハナちゃん、「私も行きたかったワン。」って顔してますね。
Commented by ミンミン at 2006-06-09 21:54 x
mikihanaさん、こんばんは~。
宮崎と言うというと私のなかでは「海」というイメージなので
山の方の町の様子やお料理はとっても新鮮です。
たくさん並んだお料理に、おもてなしの心がたくさんですね。
雪ノ下はてんぷらに出来るのは知っていましたが
食べた事ありません~~!!
いかがでしたか?
Commented by mikihana922 at 2006-06-09 23:07
>tukunemaruさん
こんばんは!
お膳の上にはお魚が2匹しかのっていません。
山女の甘露煮やデザートのゼリー、果物がのりませんでした。
ご飯も頂きましたが、お土産にお赤飯も頂いちゃいました。(^^ゝ
手作りの食前酒もありました。美味しかったです!
自然に感謝する気持ち・・・、大切ですよね。^^
ハイランドスキーは雪も積もります。
この辺りはまだ朝晩寒くてまだストーブを使っていると仰っていました。

>サイママさん
4月に日本棚田百選に選ばれている村にも行ったのにUPできないままです。
このドライブも今日UPしなければそのままになってしまいそうで
慌てて書きました。
豪華な食事でした。^^v
叔母様がお姉さま2号の為に一所懸命作られたのだと思います。
ハナも連れて行きましたが部屋の入り口でバリケンの中で大人しくしていました~。
青空も空気も綺麗なところでした。^^
Commented by mikihana922 at 2006-06-09 23:15
>ミンミンさん
宮崎は「海」も「山」もあります。
「山」好きな方にとっては飽きることのない地域でしょう。
雪ノ下のてんぷらですが、教えて頂くまで何かわかりませんでした。
くせのない味でした。^^v
今は便利になって鞍岡へも車でスイスイと行けますが
以前は不便な場所だったでしょうね。
蛇足ですがここから車で10分程度のところに
「あなたのために数えましょう~♪」と熱唱した小柳ユキさんの
お母様の実家がありました。 こんな山深いところの出身だったのですね。


<<  六億年の雫を求めて その2 ...       久々のビジーバディ >>