番犬ハナとMIX犬サクのおさんぽ毎日

mikihana92.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 09月 02日

山田あかね著「犬に名前をつける日」

昨日から9月に入りました。
ぐっと気温も下がって朝晩はひんやりするくらい。
サクとの散歩も楽になりました。

時間を見つけては読書していましたが
ブログになかなかUPできませんでした。
こちらは先日、図書館で偶然見つけた「犬に名前をつける日」です。
著者は山田あかねさん。
このブログにも載せたNHKドキュメンタリー番組
むっちゃんの幸せ 福島の被災犬がたどった数奇な運命」の
ディレクターさんです。

愛犬ミニちゃんを亡くしたことでのペットロスをきっかけに
めぐりめぐって、多くの犬や猫が殺処分されている
日本の現状に目を向けなくてはならないことに気づきます。
それは自分だけでは生きていけないペットたちの命と
真正面から向き合う、きつい作業でもありました。

この本は映画にもなっていますが、
愛護センターの切ない場面が出てくるようで
見に行く勇気がありませんでした。
本なら大丈夫かもと、ちょっと勇気を出して手に取りました。
c0006757_20533428.jpg
長くなってしまいそうですが、ほんの少しだけ抜粋させて頂きます。
「収容されている犬には名前がありません。いつ、どこで捕獲されたか。 
 人慣れはしているか・・・(省略)名前はありません。彼らを引き受けてくれる
 人間が現れなければ、彼らは名前のないまま死んでいくのです。
 名前をもらって初めて、その犬は人間社会で生きていくことができる。
 名前があるということは、誰かがその犬に責任を持つということ。」

ペットが名前を持つということは大切で意味があることなのです。
そして今、山田さんは保護犬のハルちゃんとナツちゃんと暮らしています。
どちらもmix犬なのですが、特にハルちゃんは
小顔の割りにお耳が大きくてサクによく似ています。^^

ペットに優しくない社会は人間にも優しくできないし、
人間に優しい社会はペットにも優しくできる、のではないかなぁ・・・。
先代ハナや二代目サクと暮らして、そんなふうに思っています。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

  ←拍手ボタンです。



by mikihana922 | 2017-09-02 21:05 | 読書 | Comments(5)
Commented by つま at 2017-09-02 23:48 x
読まれたのですね~私は、偶然、録画してあった映画で見ました。

『ペットに優しくない社会は人間にも優しくできない
人間に優しい社会はペットにも優しくできる』

同感です!人間ですら・・・なのに、犬になんか、お金をかける必要あるのか
という声を聴くことがありますが、根源は同じ気がします。
大震災の被災者のお姿と、行き場を失った動物のこと忘れられません。
Commented by mikihana922 at 2017-09-03 19:49
>つまさん
こんばんは。
はい、図書館のペットコーナーで偶然見つけました。
つまさんは映画をご覧になったのですね。
  >根源は同じ気がします
私もそう思います! だって命あるものですもの。
何か事故や事件が起きたとき
一番しわ寄せがくるのは、
人も含めて力のないものへです。
今でも震災で行き場を失った動物たちの面倒を
見ている方々がいらっしゃいます。
本当に頭が下がります。
Commented by hanairomimi201 at 2017-09-05 09:36
安易に捨てる人がいるから可哀そうな名もないワンちゃんが増えるのですよね
テレビでそういうワンちゃんの眼を見るのも辛いです。
私はこの春、散歩道で毎夜会うニャンコが懐いてくるので道を変えました・・仲良くなると辛いし飼えないし・年齢を理由にしました・今もどうしているかと思います。
Commented by ハナ母 at 2017-09-06 18:36 x
そうなんです。ワンコに限らず、動物がつらい目に遭ったりするのを見るのはつらいです。
以前、愛護センターの写真展で、人目もはばからず大泣きしてご迷惑をおかけしたので、情けないのですが、注意するようにしています。
ですので、映画も、「パターソン」は大丈夫そうですが、「僕のワンダフル・ライフ」は行かないほうがよさそうです。

下のセミの抜け殻、思わずシン・ゴジラのラストシーンを思い出してしまいました。^^
Commented by mikihana922 at 2017-09-06 20:28
>hanairomimiさん
こんばんは。
  >安易に捨てる人がいるから・・・
テレビ番組でもペットと暮らすにあたって
いいところしか見せませんものね。
雨や風でも散歩するところとか、
予防接種などで費用もかかるとか、
そういうこともきちんと言えばいいのにと思います。

散歩道で出会った猫ちゃん、気になるでしょう?!
私も随分前に見た放浪ビーグルちゃんとか
いつまでたっても忘れることができません。

>ハナ母さん
こんばんは。
人目もはばからず泣けるって素晴らしいです!
無慈悲に命を断ち切られるのを見るのは
本当につらいですよね。
「僕のワンダフル・ライフ」は映画化されたのですね。
映画館なら暗いので、
泣いても大丈夫ではないでしょうか。^^

おしくらまんじゅう的なセミの抜け殻でしょう。
シン・ゴジラは見ていないので、わからなくて残念です。


<< 私のソックスが・・・      押し合い、へし合い! >>