2016年 08月 22日

SBお父さんぽいワンコの保護、一件落着~~!

白い犬を保護したことで、
ここ一週間ほど、まんじりとしない毎日でした。
今朝、無事にワンコが飼い主さんの元へ戻ったことが確認できて
ほっとしたり、いろいろ反省したり。
でも、やっぱりとてもほっとしてます045.gif

c0006757_13462300.jpg
経緯など、長~~~くなりましたが
自分の今後のためにも反省をこめて書きました。
関心のある方は↓をクリックして下さいませ。

また、今回のことで先輩方には
相談にのって頂いたり、お知恵を拝借いたしました。
心から感謝いたします。
ありがとうございました。





8/16(火) 
早朝散歩中、サクの後を金属製のチェーンを付けたままの白いワンコ♂が
ずっと後をついてくる。
とりあえず一緒に散歩した後、近くの畑の小屋につなぐ。
(以前、チェーンをつけたまま散歩をしている犬を見た記憶があったため。)
8:30 小屋まで確認に行く。まだいる。
散歩帰りの人たちから「見たことないワンコ」と言われる。
ワンコは大人しくて、匂いもせずきれい、栄養状態良好。
チェーンはつけたままだし、絶対近所のワンコだと思うのに
誰も知らないなんて、ちょっと不思議。

我が家に置きたかったけれど、
先代ハナのことで近所とトラブルになったことがあり、連れ帰るのは断念。
小屋の持ち主さんと話し合いの結果、畑仕事で夕方までいるので、
それまではいてもいい、お水も食べ物もあげる、
でも、それ以後は行政さんに連絡するということで了解を得る。

ここ1、2年、迷子ワンコのことで町内放送をかけ
すぐ飼い主さんが見つかっているので放送をかけようとするも故障中。(涙)
隣の自治会の放送をお借りしたものの、自分の町内の一部にしか聞こえなかった。

警察、市役所、保健所へ連絡、犬に関する問い合わせはなしとの事、残念!
保健所から市役所の担当課を紹介され連絡。
その前に獣医さんに相談すると、
最近では行政からボランティア団体などへ譲られることもあり
すぐ処分にはならないと言われ、少し安心して市役所へ連絡。

担当者へ、保護した経緯と、小屋の持ち主さんの計らいで
午後3時までは畑にワンコがいることを話し、
保護する場合は私も立ち会うので連絡してほしいとお願いする。

11:00過ぎ。市役所の担当者の方から電話。
すでに現場でワンコを保護したが
小屋の持ち主さんに断りを入れないで犬を連れて行くことができないので
どうしたらいいかという内容。
え~~、話が違う! 慌てて現場へ!
ワンコはもうすでに鉄製の頑丈な檻の中、でも大人しい。
ちらっと歯が見えたけれど白くてきれい。
サクと同じぐらいかもしれない。
金曜日までは市役所で預かるというので、
すぐ処分しないように担当者の方にくれぐれもお願いする。
ワンコはニコニコして軽トラの荷台に揺られていく。
どうしよう感がつのる。

いろいろな方にワンコのことを尋ねたけれど
見たことがないというお返事ばかりで不安な気持ちでいっぱい。

8/17(水)
できる限りのことはしなくちゃ。
隣りの地区に似たワンコがいるので、その子の確認と
もう一軒、犬がいたことを思い出す。
朝の5時台、農作業の方に声をかけて、似たワンコについてお尋ねすると
親切に教えてくださる。でも残念な結果。
とすると、あのもう一軒かな。2匹飼っているお宅で
ワンコと出会った場所と目と鼻の先、でも・・・。
つながれっぱなしで、
一匹は茶色のガウガウギャンギャン犬、他のもう一匹は白っぽくて強烈な悲鳴をあげる犬。
けたたましい吠え声に悲鳴なので、めったに通らないようにしているお宅。
勇気を出して庭をみると、悲鳴犬がいない。ひょっとすると、かも。

午前中遅くと、夕方、悲鳴犬のお宅に伺ってみる。
飼い主さんが、いるようで出てこない的な雰囲気だったので市の担当者の方へ連絡。
16:49だったけれど、お役所の「今日の業務は終了しました。」という
音声が流れるのみ。

8/18(木)
保護活動に詳しい先輩に相談。少し気持ちが落ち着く。
心配したサクの獣医さんからの勧めもあり、市の担当者の方へ再び連絡。
直接に話をすることができたが、担当者の方もほっとした声だった。

8/191(金)
早朝、散歩途中で悲鳴犬のお宅の庭に立ち寄るも姿は見えず。
やっぱり違ったのかなと不安に・・・。

8/20(土)
悲鳴犬のお宅の近くから、遠吠えのような鳴き声を聞く。
いつもの悲鳴ような鳴き声より優しい声、
違うワンコかもしれないので、勇気がなくて確認できず。
サクのフィラリアの予防接種で獣医さんへ。いろいろ報告。

8/22(月)
午前中、獣医さんから悲鳴犬は無事戻っているとお電話あり。
私の話から、知り合いをたどって確認をして下さった由。感謝、感謝。

補足(8/23) 保護した白いワンコは、つなぎっぱなしの悲鳴ワンコでした。
      保護したときには大人しくて、とってもいい子。
      なので皆さんから、沢山優しくして頂きました。
      ワンコって、状況が変わるとこんなに変わるものなのかな。(^^ゞ

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

  ←拍手ボタンです。



by mikihana922 | 2016-08-22 21:04 | あれこれ | Comments(7)
Commented by ふー at 2016-08-22 21:58 x
わぁぁ、、、そんな事があったのですね!
大変でしたね、、、
でも そんなに色々動き回られたってすごいです。
やっぱり関わってしまうと、気になって いてもたってもいられませんよね、、、
無事にお家に帰れて良かったですーーー。
Commented by oss102 at 2016-08-23 09:55
1件落着ですか。私の読解力に問題があるのか、最後のところ・・結局、あまり散歩してもらえない家のワンコで、そこへ戻ったのですか? ??
保健所へ行かないまでも、可哀そうなワンコは沢山いますね。

こちらのホームページもよく覗いていますが、長いこと保護されていたワンコが、ようやく飼い主が見つかってホッとしました。それが、この白いワンコとそっくりさんなんですよ。^^
Commented by mikihana922 at 2016-08-23 10:36
>ふーさん
こんにちは。
はい、そんな事がありました。
サクとも上手にお散歩できる可愛いワンちゃんでしたが
もし最悪の結果になっちゃたらどうしようと
落ち着きませんでした。
でも、無事に戻れて本当にほっとしました。

>oss102さん
こんにちは。
はい、無事一件落着しました。
すみません、私の書き方が悪くて。(^^ゞ
書き直している間にコメントを頂きました。
今度はわかりやすくなっているといいのですが・・・。

先ほど、心配して下さった先輩へ報告を入れて、びっくり!
悲鳴犬のお宅は以前に猫もチョー沢山飼っていて、
最近少なくなったのは知っていました。
なんと今、見かねた猫ボランティアさんが入って
避妊したり、フードをあげたりしているそうです。

長いこと保護されたワンちゃんに
新しい飼い主さんが決まって本当によかったです。
幸せになりますように!
Commented by ふー at 2016-08-23 11:42 x
何度もすいません、、、
白いわんこさんは悲鳴犬さんだったのですね。
無事に元のお家には帰れたけど 帰れた先がどうなのか、、、(;^_^A アセアセ・・・ 
つなぎっぱなしでも、そんなに大人しくていい子なんですね、、、、これから悲鳴をあげずに幸せに暮らせるといいんだけど、、、
Commented by mikihana922 at 2016-08-23 21:07
>ふーさん
こんばんは。
わかりにくい文章でゴメンナサイ。
私自身がわかっていることを正確に伝えるのは難しいです。
が、保護した白ワンコ君は、実は悲鳴犬でした。
とても同一犬とは思えませんでしたし、
つながれているのも、保護したときも見ている方が
絶対に違う~~って何度も言ったくらいです。
でも同じワンコです。こんないい子なのに・・・。
これからも幸せになることを祈るばかりです。
Commented at 2016-08-26 11:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mikihana922 at 2016-08-27 11:16
>鍵コメさま
こんにちは&お久しぶりです♪ 
拍手にも、こちらにもありがとうございました。

心配して下さった皆さんに無事にワンコが戻ったことを
伝えましたが、どなたも複雑な心境のようでした。
はい、おかげさまで母もなんとかやっています。
鍵コメさまも、どちらのお母様もお元気でよかったです。

ブロ友さんの何人かFBやインスタ中心になっています。
時間を見つけてmixiへも伺わせて下さいませ。
日々、慌ただしくて、このブログが精いっぱいに
なってしまいました。(^^ゞ
残暑もあと少し、どうぞお身体ご自愛下さいませ♪


<< 母の手作りバッグ&サクのお誕生日      サクの夜涼み >>