2016年 07月 21日

香港だより⑥南Y島(ラマ島)のワンコたち

香港ぶらり旅のUPを長々としてきましたが
本当に書きたかったのは今回の記事のような気がします。(^^ゞ

なぜラマ島かというと
先月だったかEテレで「二度目の香港」という番組を見て
海鮮料理がとても美味しそうだったから!
そしてもう一つ、ちょっと気になったこともありました。
ラマ島では自然保護のため車は使用できません、徒歩のみ。
リポーターが二つの港の間を歩きながら(1時間20分かかります。)
島の紹介をしていましたが、
誰もいない砂浜でたった一つ、黒い物体が動いていました。
うん?犬かな。野良ちゃん? ラマ島ではワンコはどうなってるんだろう?

ラマ島をぶらりと散策しました。
ラブラドールの後ろ頭が写っていますね。
リードに引かれて飼い主さんに連れられています。
観光客のワンコのようです。
c0006757_23434345.jpg

工事中の塀にたくさんの貼り紙が
古いものから新しいものまであって掲示板になっていました。
c0006757_23440960.jpg

その中に、こんな貼り紙を見つけました。↓
「URGENT」(緊急)とあったので読んでみました。
名前はXiongmaoちゃん、2歳の女子、避妊済み。性格はcute。
Last ownerが100歳を超えたためお世話ができなくなってしまったそうで
新しい飼い主さんを求めていました。
どうかステキな飼い主さんに出会えますように!
c0006757_23444078.jpg

街中を散策していると、いました、島のワンコたち。
どの子もノーリードですが大人しい。
ひょっこりお店から出てきた子。入っていったのは向かい側にある猫グッズのお店。(笑)
c0006757_23450548.jpg

私たちが通った行きも帰りもこのままだった子。
首輪はありませんでしたが栄養状態はかなり良し。
c0006757_23452479.jpg

一匹で闊歩してるかと思ったら、少し離れた後ろからご夫婦が歩いていました。
先導してたのかな。勝手知ったるって感じでした。
c0006757_23453857.jpg

ラマ島動物保護センター。
保護されたワンコたちの写真が出てました。
街で見かけたワンコたちも、こうして保護された子たちなのかな。
どの国の保護ペットも幸せが見つかりますように!
c0006757_23455747.jpg


にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

  ←拍手ボタンです。


by mikihana922 | 2016-07-21 23:56 | 香港 | Comments(4)
Commented by mink330 at 2016-07-22 20:39
海外では、放し飼いのワンちゃんも多いですね。
でもこの島のワンちゃんは怖くないです。

中南米ではほとんど放し飼い。
多分狂犬病の予防注射もしてない。だから、触れませんし
あまり近寄れません。
ペルーではそういうことはなかったですが…

ワンちゃんのそれぞれの国の事情、調べれば
面白いでしょうね。
Commented by mikihana922 at 2016-07-23 19:57
>minkさん
沢山のコメントをありがとうございました。
南米とはまた違った世界です。

柴犬を見かけてから気づいたのですが
トイプーは香港でも人気のようでした。
ペルーでは散歩請負人をminkさんのブログで見ました。
ワンコ事情は国それぞれなのでしょうね。
そういえばKHK-BSの「世界のわんわんドキュ」の
ペルー・クスコ編を録画したまま見ていませんでした。
時間の空いたときに見ます!
Commented by ミンミン at 2016-07-24 17:21 x
こちらへもお邪魔します(^-^)
私も行った国の先々で犬や猫たちのことが気になります。
アジアの国の街では野良犬っぽい子たちをよくみます。
でもよく見ると健康状態が良さそうなので放し飼いだったり、何かしらの食べ物をひとからもらったりしているのかな?
と推測しています。

さて当地ですが、私がいままで見た範囲では
外をうろついている犬は見ていてかわいそう子たちが多いです。
宗教的な理由によるところも多いのでしょうか。
あ、もちろんペットとして飼われているワンコもいますよー。
人気の犬種とかあるのかな?今度観察してみます^ ^

国や環境が違ってもどの犬たちも幸せであって欲しいですね
Commented by mikihana922 at 2016-07-25 08:18
>ミンミンさん
  >こちらへもお邪魔します
どうぞどうぞ~~。^^
私も行った先々で犬や猫は気になります。
私も延岡に住んでいるときや戻ったときに見た
猫たちは忘れられません。
生きていくことは人も動物も本当に厳しいです。
世の中のしわ寄せは一番弱い者へいきます。
こんな年齢になって、またペットと暮らすようになって
実感したことです。
  >国や環境が違ってもどの犬たちも幸せであって
本当に・・・。心から願っています。


<< 旅の閉めはサクの遠吠え      香港旅だより⑤南Y島(ラマ島)... >>