2015年 03月 26日

箱根の野良ワンコのこと

昨日、ご近所さんからいただいたネギです。
c0006757_23341845.jpg

さて、このネギがどうやって我が家に回って来たのか。
といってもお裾分けなんですが、
ちょっとステキな、それでいて切なくなるようなお話を・・・。

隣市に住む温泉好きな方がいて箱根温泉へ通っていたある日、
バイパス道路をふらふらと歩く野良ワンコに出会いました。
「こりゃ、いかん。」
農家さんということもあって、
今は自分たちだけで食べる分しか作っていないけれど、
とれたお米や野菜を煮たりして箱根まで週に2度、ワンコにあげに行くようになりました。
もう6、7年前のことです。

それを聞いたプール友達がお手伝いできることがあればと
通っている身障者の作業所で余ったご飯を冷凍して渡すようになりました。
受け取った農家さんは、それをまた煮てワンコのところへ持っていきます。
温泉へ行きがてら、またそうでないときも、
ワンコが出没する場所へ食物を届けます。
ワンコは軽トラの音を聞きつけて山から下りてきます。

そのお礼に自宅で採れた沢山のネギをプール友達へ、
プール友達は食べきれない分を「ほっとカフェ」のスタッフに配りました。
というわけで我が家にもネギがやってきて
早速、夕食のお味噌汁の具材になりました。
ネギの香りがぱ~っと広がって美味しかった!
ネギの香りには野良ワンコへの思いや、
友達を労わる気持ちがいっぱい詰まっています。
c0006757_23342903.jpg
野良ワンコの保護については、避妊などの問題もあって賛否両論あるかもしれません。
でも、決して近くない場所まで週2回、
食べ物を届けることは軽い気持ちではできないことです。
「ワンコが死ぬまで面倒をみたい。」農家さんはそう言ってるそうです。
自分では何もできないくせに、そんな話にめっぽう弱いサクの飼い主です。(^^ゞ

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

  ←拍手ボタンです。


by mikihana922 | 2015-03-26 23:35 | あれこれ | Comments(4)
Commented by スマイオ爺 at 2015-03-27 09:40 x
不幸なワンコを、救う人がいれば、不幸なワンコを作ってしまうのも、また人です。
良い話を聞かせて頂きました。
ありがとうございます。
Commented by mikihana922 at 2015-03-27 19:12
>スマイオ爺さま
こんばんは。
コメントありがとうございます。
ブログに書きましたプール友達さんは
近所にいる野良ネコちゃんたちの保護を
自力でなさっています。
そんな方なので箱根のワンコのお世話をされている友人を
黙って見ていられなかったと思います。
世の中、まだまだ捨てたものではありません。
ワンちゃんが元気で暮らせるよう願っています。
Commented by hanairomimi201 at 2015-03-28 09:58
捨てられてさまよっていた犬に罪はないと思います。
軽トラの音がすると山から下りてくるなんて、胸がつまる思いです
どうかこのままで・・と思います
Commented by mikihana922 at 2015-03-28 11:42
>hanairomimiさん
こんにちは。
週2度のご飯やりですが、
温泉に行くときにあげて、帰りに確認すると
全て食べ尽くされているので
ひょっとすると1匹ではないかもしれないと
農家の方はおっしゃっているそうです。
そして一番心配したのは去年の大雪。
ご飯をあげに行かれなかったので・・・。
  >どうかこのままで・・と思います
私も全く同感です。


<< カワセミ偵察隊      桜開花偵察隊 >>