番犬ハナとMIX犬サクのおさんぽ毎日

mikihana92.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 10月 02日

犬の年金

サクと散歩をしているとよく声を掛けられます。
今朝は初めて見る団塊の世代と思しき男性。 60代半ばくらいかな・・・。
「いや、この犬はおもしろい顔してるなぁ、何犬?」
「絶滅危惧種、雑種です。」
「どんな犬から生まれるとこうなるの?」
「あの~、お父さんもお母さんもわかりません。」などから始まって
「僕、犬大好きなの。 ずっと飼ってきたけどもう歳だから飼えないんだよ。
 最後犬だけになっちゃうでしょ。そうしたら保健所で処分されちゃうから。
 人はお腹が空いたって我慢できるけど犬は我慢できないし
 人は淋しくたって我慢できるけど犬はできないでしょ。
 犬の年金ってないのかな・・・。」
ほとんど一人で喋ってサクを撫でて行っちゃいました。
「犬の年金」はないけれど最近は老犬ホームもできてきたみたいです。
残念ながら我が家には先立つものがなくてご縁がなさそうです。(汗)
c0006757_20394039.jpg
 

  ←拍手ボタンです。
         いつもありがとうございます。m(_)m
         よろしかったらポチッと押してください。


by mikihana922 | 2012-10-02 20:39 | あれこれ | Comments(7)
Commented by kimiko_shibata1 at 2012-10-03 11:03
切実な問題です。我が家も諦めていましたが、
息子夫婦が引き取ってくれると言ってくれて、
さくらと暮らせています。
どちらが長生きとなりますか、私も生に執着ができ、
元気の素にもなっています。(笑)
Commented by oss102 at 2012-10-03 14:35
本当は一番犬猫を買うのに相応しい年代なんですよね。子供ことから卒業して、ペットとじっくり付き合える。なのに・・・老犬ホームが出来たとしても生きていればいいってもんじゃないし。とても残念です。
Commented by 熊五郎 at 2012-10-03 18:12 x
仰る問題は,戦後,核家族化が進んだためだと思います。
人も犬も大家族(群れ)で暮らしていると,いろいろな世代が居るので,若い世代が老いた世代の面倒を見ることも可能です。
核家族だと,家族=所帯が老いてしまい,老々介護も珍しくありません。
今の時代は,現役時代にせいぜい蓄えを作って,しかるべき施設の世話になるより他なさそうです。
Commented by mikihana922 at 2012-10-03 20:06
>kimikoさま
こんばんは。
今日、お手紙が届きました。
改めてお返事差し上げますね。 宜しくお願いいたします。

さくらちゃんを引き取るにあたり
息子さんとお約束をされたのですね。
私もサクと散歩をしてながら
健康でいなければならないと思います。
あ、kimikoさんの元気の素はさくらちゃんだけでなく
局めぐりもですよね!^^

>oss102さん
こんばんは。
飼い主がいなくなって老犬ホームに入ったとしても
犬の寂しさは解消されません。
せめて大切にしてもらって一生を終えられればと思います。
以前、TVで病気になった高齢の方が犬を預けて
久しぶりに会う場面を見ました。 犬はちゃんと覚えていて
その喜びようといったらありませんでした。 泣けました。
Commented by mikihana922 at 2012-10-03 20:09
>熊五郎さん
こんばんは。
  >核家族化が進んだためだと思います
その通りだと思います。
そろそろ敬老会が始まりますが
70代はおよびがかからず、ご招待は90代~80代の方々です。
会場までお世話するのが70代の役員さん。(驚)
我が家は現役時代に蓄えも満足に作れないので
年をとっても病気一つできませんデス。(^^ゞ
Commented by mink330 at 2012-10-03 22:51
犬を散歩させているといろいろな人に出会い、思わぬ会話が
広がり楽しいですよね。
私はサブが死んだときさびしかったのですが、次を飼う気には
慣れませんでした。
だって新しい犬のほうが長生きしたらどうしようと思ったのです。

そんな時年金あればだれか引き取り手があるかもしれませんね。
Commented by withadog at 2012-10-04 16:12
>minkさん
こんにちは。
  >新しい犬のほうが長生きしたらどうしようと思ったのです
私も同じです。 15年生きると考えたら
ひと時も猶予はないのではないかと思い急ぎました。
ひょっとしたら私の方が先にボケてしまうかもしれません。(汗)
  >年金あればだれか引き取り手があるかもしれませんね
男性もきっと同じ気持ちだったと思います。
子供と一緒に住めるような環境なら老いてもずっと
犬やペットと暮らせるのにそれはできそうにありません。


<< 室内楽の夕べ♪      happyなflash mob... >>